色の探検 8月9日

 9日に行われたワークショップ風景。午前の部です。<小学1〜4年>



                     こちらは午後。 <5歳〜小学5年>



               子供たちの作品です。



                  ののあ 小学4年



                      ていと 5歳



                    いわお 小学4年



                                      たかひと 小学4年






動く絵画 ねらい

 
動く絵画とは、画面に穴をあけて、パーツが上下左右に動くシンプルな遊びのための絵です。
水彩画に工作の要素を加えてあります。

まず最初子供たちに、簡単なお話や風景を作文やスケッチにしてもらいました。



この作品の男の子<小1>は、「はちはなび」という自分だけのお話を作文しています。
そこからイメージを絵にしました。




                   完成作品。




             はちはなびくん、こんにちは。



自分で考えたストーリーを絵にする。 そして、切る、貼る。
様々な、表現手段を一度に使うことを目的としながらも、心躍る楽しい内容です。




上の作品は、ぺんぎんのパーツに糸がついていて、お魚がマグネットでつれるようになっています。
小4の男の子です。4年生になると、構造や仕組みを考えたりすることが得意になってきます。


 
こちらは小1の男の子。
この子は絵を描きながら同時に頭の中でお話を作って制作していました。
大きい魚、小さい魚、飛んでいる魚、もぐっている魚、いろいろなお魚が登場してきます。

子供たちのたくさんのきらきらした気持ちをARTにのせて!
また動く絵画をやりたいと思います。






「動く絵画」 

 7月に行われた初めてのアートワークショップ「動く絵画」の子供たちの作品です。



                    こはる  小1







                    さらさ 小1



「色の探検」


8月2日に行われた水彩画 ワークショップ午後の部。
小学1年2人、4年2人の男の子編成になりました。






赤、黄色、青の基本3原色だけで色を作っています。
3色だけで、たいていの色が作れることが不思議。
そして、同じ絵の具なのに、子供によって全く色が違うことももっと不思議。




              子供たちの作品です。




                        こはる 小1
                   

                        さらさ 小1



                         だいち 小1



                     いわお 小4