「色の探検」 9月26日ワークショップ


9月26に行われたワークショップです。


    久しぶりのワークショップ、何故かリラックスした始まり。



       絵を描くことにも慣れて、軽やかに筆が動きます。


何を描けばいいの?といっていた男の子も、今は自分の世界に・・・


             吹くことを楽しむのもあり。



 今日は1枚の絵を描いた後、今まで描いた作品の一部で箱を作ってみました。
       平面である絵が立体になると、印象も変わりますね。


                   楽しいことやっています。




「色の探検2」  9月26日  ワークショップ後半

 
こちらは後半編。ちゃきちゃきの江戸っ子兄弟が参加してくれました。


テンポの早い江戸っ子は、勢いよく絵を描き、工作もささっと進めてゆきます。


             「 お〜、いろが変わった〜 」


           あと片付けもしてもらえてありがたい・・・


                   かずき  <小2>


                  ともき  <年長 6さい>




色の探検2 作品


 「色の探検2 」 子供たち作品です。
 
 色をつくる
 色をたらす に加えて今回は
 体の動き  取り入れてみよう とお話しました。

絵の言葉には何があるだろう・・ 
子供たちの感情や思いを、発見した絵のことばにのせて。
うまく話せなかった言葉も沈黙も大切。きれいな言葉も饒舌なおしゃべりも含めて
「今この瞬間」が絵の中に残ります。



    
               <しょうじ 小1>



                  <こはる 小1> 


 
                  <さらさ 小1>



                  <かなめ 小1>



                  <だいち 小1>


 

                 <いわお 小4>



                <たかひと 小4>

9月ワークショップ <29日>

 

9月ワークショップのお知らせです。

「色の探検2」 水彩画

対象 小学1〜6年

29日<土> 1:00〜 2:30 <インテンシブクラス> 満員

         3:00〜 4:30  <一般クラス>   
募集中 <定員5人>

場所 秋田県 能代市 イオン2F はまなす教室

料金 ¥1500

申し込み  メールに名前、学年、電話番号を書いて申し込みください。

 juriko1@hotmail.co.jp

持ち物

エプロン 飲み物用カップ


一般クラスは、はじめてのお友達に丁寧に指導してゆきます。
赤、青、黄の基本三原色だけで色作りにチャレンジ。
絵の具のチューブをだした色をそのまま使うのではなく、自分で自分の色を作ることが
目的です。何度も何度も絵の具を混ぜ合わせることが、発見や驚きにつながり、
色に対する感覚を研ぎ澄ませます。
いまさら色作り?ではなくて 「今だから色作り」なのです。
それは7歳でも12歳でも同じです。
単純そうに見えることほど深みがあっておもしろいんですよ。






色の探検2 


私達が思いを伝えるときには「言葉」があります。
日本語にはひらがな、カタカナ、漢字 3つも使いこなしていますよね。
<当たり前にやっていますがすごいことです>

では絵に言葉があるとしたらそれは何でしょう・・・

今まで子供たちが体験した「絵のことば」

1 色をつくる
2 色をたらす


それに今日は
3 体の動作 
をいれてみました。
このように、少しずつ絵のことばを考えてゆきます。




  
                   描き始めの妙な緊張感・・・。


 
         膝をまげて手首を振って絵を描く男子トリオ。
         腰をつかっているので、いい動きです。
         




        絵を描くことより、水の色に喜ぶ女子。

それぞれ、めいめい好きなようににやっておりました。作品は次に掲載します。