講師

 

浅野壽里

秋田県能代市生まれ

立教大学文学部 日本文学科 比較文芸思想コース卒業
武蔵野美術大学 造形学部 油絵学科 卒業
2003〜2009 個展 <東京・ノルウェイ・フィンランド>
2006〜2007 Artist in residence <ベルギー・ノルウェイ・フィンランド>

HP:  http://www.juriasano.info



ヨーロッパでは、世界中から作家を集めて滞在制作・個展を行わせる

AIR<Artist in residence>という制度 があります。


私自身もベルギー・ノルウェイ・フィンランドで経験しました。
そこでは現地の子供たちにワークショップを行っている作家もいて、

子供たちが素朴な雰囲気の中でわいわい制作しているのを見てきました。

あんなに小さいときから本物の美術体験ができるなんて、

なんて幸運な子供たちなんだろうと思ったものです。

ARTで育んだ土台がどの分野においても強力な基礎を作ることを知り

森のおとが生まれました。


「子供たちのであう事実のひとつひとつが、

 やがて知識や知恵を生み出す種子だとしたら、

 さまざまな情緒やゆたかな感性は、

 この種子をはぐくむ肥沃な土壌です。

 幼い子供時代は、この土壌を耕すときです。

 美しいものを美しいと感じる感覚、

 新しいものや未知なものにふれたときの感激、

 思いやり、憐れみ、賛嘆や愛情などの

 さまざまな形の感情がひとたびよびさまされると、

 次はその対象となるものについて

 もっと知りたいと思うようになります。
 そのようにして見つけ出した知識は、しっかりと身につきます。」
            


     ーレイチェル=カーソン 「 センス オフ ワンダー 」








 

1