なぜアートなのか?

 

先日子供達のクロッキーを見たとき、とても魅力的になっていて驚きました。

 

2年前の今頃、自分の描いたものを見ながら「うわー下手ー」と叫んでいた姿

が、可愛らしく、懐かしく思えてきます。そしてその成長ぶりを心から嬉しく思います。

 

 

さて、このように進化している子供達ですが、皆さんは絵を描くことや、

物を作ることが子供達にとって、どのように有益なのか考えたことがありますか?

 

 

近年の目覚ましいテクノロジーの普及で、私達の生活は便利すぎるものになり、

人間の能力がAIに変換されていく時代となりました。

しかし面白いことに、このような時代の流れの中で、世界中が「アート」に注目

していることをご存知でしょうか?

 

 

合理的な考え方に行き詰まりを見せる現代、世界企業が停滞を突破するために

「アート」的な感覚を養おうとしています。

それは逆に言えば、AIで補えない能力をみんながこぞって学ぼうとしているのです。

イギリスの名門美術大学では、MBA<経営学修士コース>が出来上がり、

美術大学でビジネスを教える制度が生まれています。

一流のビジネスパーソンであればあるほど、意識的に「アート」を勉強しようとしているのです。

 

 

それではなぜ、そんなにも「アート」が重要なのでしょうか?

 

 

これは、「アート」には、色々な角度から物事を観察し、様々な視点で解釈し、

これまでに無関係であった点と点とを結ぶことができるという特質があるからなのです。

一見全く関係のない点と点をつなぎ、新しい視点を生み出しながら社会に付加価値をつけていく。

これはレオナルド=ダ=ヴィンチ、アインシュタイン、ステイーヴ=ジョブズ

といった偉人たちに見られる共通点でもあります。

そしてこのような回路は、 AIが最も苦手とする部分でもあるのです。

 

感性を育む情操教育だけでは終わらない「アート」の力、パワフルな可能性を秘めたものですよね。

子供達のさらなる成長を願いながら、森のおとでは新たな気持ちで2020年を迎えていきます。

 

1