夏休みワークショップ

 

 

夏休みワークショップのお知らせです。詳細はクリックしてどうぞ。

 

                                                click ↑

 

クラス再開

刻々と変化する世界状況ではありますが、子供達の笑顔や成長、学びが停滞しないように

森のおとでは、今日からクラスを再開しました。

状況を見据えつつも、子供達にできる最大限のことをしてゆきたいと考えています。

クラス閉鎖

森のおとでは、今日から3月7日までクラスを閉鎖します。

この2週間コロナウイルスに対して、「海外と日本での対応が

あまりにも異なること」また、感染防止のために「今が一番動いてはいけない時期」

だと最終的に判断し、全ての授業はお休みにします。

皆様のご協力どうぞよろしくお願いいたします。

 

東北の伝承切り紙  〜神を宿し神を招く〜

 

 

 

 

「東北の伝承切り紙」という本との出会いから、オカザリという切り紙の世界があることを知りました。

上の写真は、岩手県一関市にしか存在しない切り紙、「網飾り」という正月飾りです。

 

 

どんな人が作っているんだろう?

教室の子供達にも作れるだろうか、

なんとか作り方を教えてもらえないだろうか・・

 

オカザリの美しさに感動した私は受話器を握り、つながるかもわからない電話をしたのでした。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

「網飾り」のモチーフは、小判、銭、升、鯛、巾着。めでたいものが使われる。

 

 

 

 

 

 

作者は、岩手県一関にある神社の神主さんでした。

 

 

 

 

           熊野神社 宮司 熊谷昭穂さん 87才

             

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

なぜここに来たのか、どれほど「網飾り」に感動したか、

その素晴らしさを他の人達や子供達へも伝えたい等

自分の気持ちを話すと、熊谷さんは切り方を教えてくださいました。

 

 

 

この「網飾り」の素晴らしさは、

一枚の紙から2〜3メートルの装飾が、途切れることなくつながっていることです。

 

 

 

煤(スス)で黒くすすんだ高い天井から吊り下げられた正月飾り

には、数々の縁起物が全体に散りばめられ、まるで風に吹かれて揺れ動く

柳の枝のようでもあり、流れ落ちる滝のようでもあった。<「東北の伝承切り紙」本文引用>

 

 

 

 

 

 

 

        「 つながるように、つながるように切りなさい。 」

 

 

熊谷さんは、何も見ないで、頭の中のイメージだけで、どんどんカッターで形を作っていきますが

私は時間がかかっています。こうして実際にやって見ると、子供達がやるためには相当に、ハサミ、

カッターを練習しなければいけないとわかりました。

また私自身、複雑な構造を理解し、カッターの使い方を改めて勉強しなければいけないとも思いました。

 

 

 

 

 

 

 

          「  完成したものをお祓いして神が宿る。

             お祓いしないうちはただの切り紙である。 」

 

 

  

 

 

オカザリは、「神とつながる」ものであり、日本人の精神の礎となった神道が背景にあります。

 

 

ー 熊谷さんの手がける「網かざり」はその壮麗さといい、魅力といい、

  日本を代表する切り紙の一つといって差し支えないものだ。<「東北の伝承切り紙」本文引用>

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

この「網飾り」は、祖先が残したボロボロの切り紙を、熊谷さん自身が苦心の末に、

ようやく復元したものだといいます。

しかし、伝統的な古民家が消えていく現代、この切り紙を行う伝承者がいません。

熊谷さんがいなくなれば当然「網飾り」も消えてしまうのです。

 

このような東北の財産が日本からなくなる前に、価値を次の世代に伝えていくとは重要だと思いました。

 

そして私は、子供達の指先や集中力を鍛えるために、教材として、オカザリを教育につなげてゆくこと

はできないだろうか・・そんなことを考え始めました。

 

 

「消えゆく文化のかけはしになる」

 

森のおとのでは、みんなでハサミ、カッターが上手になるように

来年のお正月に向けて、切り絵を少しずつ授業の中に取り入れたいと思います。

 

 

 

 

 

冬休みワークショップ

 

 

                               click ↑

 

      

 

      1月7(火)〜10日(金) 4日間

 

       ART & ENGLISH & Y0GA

 

        「えいご・のはらうた」

 

       

       小学校の教科書でも習う工藤直子さんの詩集「のはらうた」

       動物やお月様の気持ちになって、楽しいクラフトをしながら

       名作の英語の詩で遊びましょう。

 

       対象4歳〜小1<定員6人>

       時間10:00〜11:10

       持ち物 水筒・エプロン

       料金8000円

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

 

          A R T & YOGA

 

            「フェルメールの光」

 

   

      

      何でもない風景が美しく見えるのはどうしてでしょう?

      フェルメールという画家から、指先、表情、絵の描き方を学んでみましょう。

      

      対象 小学生〜大人

      定員8人

      時間13:30〜15:30

      料金7500円

 

      *全てのクラスにyogaがあるので動きやすい格好でどうぞ。

        

         申し込み → https://www.morinooto.info/contact